ボクシング史上最強の5人の強打者は誰だ?

ボクシング史上最強の5人の強打者は誰だ?

パンチが本物でないにもかかわらず、レスラーは歯を確認する姿が見られた。これは、タイソンが他のヘビー級選手ほど巨体でもなく、威圧感もないにもかかわらず、史上最もパンチ力のあるボクサーとして評価されていたためである。

タイソンのパンチ力は、いくつもの世界チャンピオンを獲得し、比類なき遺産となった。これは、彼が、どの方向からでも、中距離からでも、至近距離からでも、そしてどんな時でも、相手をノックアウトするために、予測不可能な方法でそのパワーを使うことができたからである。

ジョージ・フォアマン

現在では主にグリル料理で知られていますが、ジョージ・フォアマンが史上最強の打撃力を持つボクサーと言われたのは、それほど昔のことではありません。また、伝説のモハメド・アリとの対戦も有力視されていた。

フォアマンは、もっと真剣にトレーニングに取り組めば、アリに勝てる数少ない男の一人だと信じられていた。

フォアマンは常に、相手をノックアウトする際のその楽さを賞賛されていた。40代半ばで若手と戦っても、とても簡単そうに見えた。彼は、他の強打のGOATsほどスキルはなかったが、生のパワーを持っていた。

その結果、フォアマンはボクシング界で長く印象的な活躍をし、異なる30年間に渡ってトップレベルで競い合った。

デオンテイ・ワイルダー

デオンテイ・ワイルダーは、史上最もハードヒッターなボクサーとして、最も新しい候補者である。タイソン・フューリーと3度対戦した後、荒れた生活を送っているかもしれないが、彼が10回中9回は相手のライトをノックアウトできることは疑いようがない。

彼はスポーツの歴史の中で最も偉大なノックアウト率を持っており、一度に最大で95%という数字を記録している。

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!