選手評価:ビアンコネリは最後のキックで敗戦。

選手評価:ビアンコネリは最後のキックで敗戦。

ユヴェントスは降格の危機に瀕したジェノアに2-1で敗れ、後半に2つのゴールを許し、セリエA順位表の3位に浮上するチャンスを逃した。

マッシミリアーノ・アッレグリ監督のチームはすでに来季のチャンピオンズリーグ出場が決定しており、現在ナポリと銅メダルの座を争っているが、ルチアーノ・スパレッティ監督のチームより先に行くチャンスを逃した。一方、この勝利でジェノアは残り2試合で安全圏まで勝ち点1を残すことになった。

この試合、ユヴェントスにとって最初のチャンスは、パウロ・ディバラからのハイボールをモイーズ・キーンが受けたが、そのヘディングシュートはジェノアのバーの上部をかすめ、チャンスを逃した。

前半の大半、ジェノアはユーベを寄せ付けず、何度もセットプレーのチャンスを作ったが、その中でもマッティア・デストロのヘディングシュートは枠を外れた。

また、アドリアン・ラビオの深いボールが敵陣に入ったが、ディバラはこれをうまく処理することができなかった。

しかし、ディバラのシュートはシリグに阻まれ、同点でハーフタイムを迎えることになった。

後半30分には、デストロが低いクロスでユーベのバックラインを突破し、至近距離からシュートを放つ。

しかし、その直後、ディバラが右足でゴールを決め、同点に追いついた。

ユベントスは、ディバラのシュートがポストを直撃し、アドリアン・ラビオのカットバックがキーンに当たるが、シリグがトップセーブし、エヴァートンからのレンタル選手のシュートを阻止している。

さらに、ジェノアのディフェンスを何人もかわしてドリブルで突破したドゥシャン・ブラホヴィッチに、ユーベはリードを2倍に広げられるところだったが、またしてもシリグに助けられる。

しかし、またしてもシリグに助けられる。キーンはベテランGKの上を巧みに飛び越え、ゴールネットを揺らしたが、明らかなオフサイドで旗が上がった。

しかし、VAR(ビデオ・コントロール・システム)による判定が行われた結果、ユヴェントスはPKを獲得。しかし、VARによる検証の結果、アイスランド人アタッカーが先にボールを持ったと判定され、スポットキックは取り消された。

そして残り5分、グドムンドソンが同点ゴールを決め、ゼロからヒーローになった。ナディエム・アミリがダニエレ・ルガーニとマッティア・デ・シリオの間に出したパスが完璧にグドゥンドソンの軌道に乗り、グドゥンドソンはノーミスでセリエA初ゴールを奪ったのである。

しかし、アミリはシュチェスニーに阻まれ、先制点を挙げることはできなかった。

ロスタイムの終了間際、キーンはまたしても決定的なチャンスを逃し、モラタが無欲のプレーでシリグと1対1になったとき、なぜかシュートを外してしまった。

さらに、ジェノアはデ・シリオがケルビン・イェボアの足首に当たってPKを獲得した。

ドメニコ・クリスチートがステップアップし、シュチェスニーを倒し、ジェノアの残留の望みをつないだ。

GK: ヴォイチェフ・シュチェスニー – 5/10 – 何度か好セーブを見せたが、そのほとんどはオフサイドの旗が上がったチャンスでのものだった。

RB: ファン・クアドラード – 3/10 – タッチに終始した。ポゼッションしているときも、していないときも、マイナス思考。

CB: レオナルド・ボヌッチ – 6/10 – 重要なタックルやブロックを何度も決めた。

CB: ダニエレ・ルガーニ – 5/10 – パスワークでユーベの後方からのプレーを助けたが、後半はスイッチを切ってしまった。

LB: マッティア・デ・シリオ – 1/10 – クアドラードと同様、ポゼッションが非常にずさんで、プレーに支障をきたした。ジェノアの終盤の2失点に絡んだ。

CM: ファビオ・ミレッティ – 5/10 – 体格的に圧倒されていたが、積極的にボールを要求し、チャレンジから逃げることはなかった。

CM: アルトゥール – 2/10 – 時折、冷静さを失う。ポゼッションを失うことが多くなった。

CM: アドリアン・ラビオ – 5/10 – ハードルはあまり高くなかったが、ユベントスの先発MFの中では意外にもベストだった。

RF: パウロ・ディバラ – 7/10 – テクニックがあるのは明らかだが、ディバラはクオリティに欠ける部分が多い。しかし、ユーベが先制するのに必要だったのは、ほんの一瞬だった。クラブの歴代得点ランキングでは、ロベルト・バッジョと並んでいる。

CF: ドゥサン・ブラホビッチ – 3/10 – ワンタッチサッカーをしていない時は、そこらじゅうでプレーしていた。キーンとの連係も良かったが、大きなインパクトを与えることはできなかった。

LF: モイーズ・キーン – 5/10 – 懸命に働き、チャンスを作り、ユヴェントスがピッチ上で欠いていたエネルギーを提供した。しかし、最終的にはその無駄使いが仇となった。

サブ:デニス・ザカリア(60’、アルトゥールとの交代)-5/10

サブ:アレックス・サンドロ(60′ – クアドラード)- 3/10

サブ:フェデリコ・ベルナルデスキ(74′ – ミレッティに代わって)-3/10

サブ:アルバロ・モラタ(74′ – ヴラホヴィッチ) – 6/10

サブ:マーリー・アケ(80′ – ディバラの代役) – 該当なし

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!