Todd Boehly part of group that purchases Chelsea FC for .1 billion

チェルシーFCをロシアの億万長者ロマン・アブラモビッチの指揮下から別の所有者に移すべく数ヶ月に及ぶ交渉の末、ブルースはロサンゼルス・ドジャースのパートオーナーであるトッド・ベイリー氏が率いるグループに売却されることになり、彼は土曜日、新チームがウォルバーハンプトンと対戦するのをスタンフォード・ブリッジで見守った。

46歳のBoehlyと投資家の大規模なグループは、クラブに31億ドルを支払うことになる。これは、これまで誰もスポーツフランチャイズに支払った金額としては最高である。これは、スポーツクラブの買収としては史上最高額である。ボーリーのグループは、施設の改善と投資のためにさらに22億ドルを支払うと約束している。売却は5月下旬に完了する予定だ。

アブラモビッチ氏は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領との関係から、3月に英国政府から制裁を受けたため、クラブの売却を余儀なくされた。英国のボリス・ジョンソン首相は、アンブラモビッチへの制裁の理由として、「プーチンのウクライナへの悪質な攻撃を支持した人たちの安全な避難所はない」ことを挙げている。

チェルシーFCの声明によると、「今回行われる投資総額のうち、(25億ドル)はクラブの株式購入に充てられ、その収益は、ロマン・アブラモビッチ氏が確認したように、慈善活動に100%寄付することを意図して、凍結した英国の銀行口座に預けられる予定です」という。

チェルシーは、英国政府から特例を受け、アブラモビッチ氏が制裁を受けている間も、試合の開催、スタッフへの給与支払い、シーズンチケット所有者の試合観戦を許可されていた。ベアリー氏は、もともと15億ドルでチェルシーを買収しようとしたが、イギリス政府との交渉で大幅に出資額をアップさせた。

また、例外のライセンスは、新しい選手の購入、現在のロスターメンバーとの新契約の合意、全試合のチケットの新規販売も対象外だった。移籍市場は7月1日まで閉鎖されているが、チームキャプテンのセサル・アスピリクエタ、DFアントニオ・リュディガー、MFアンドレアス・クリステンセンの3人は、いずれも今シーズン限りで契約が切れる重要な選手である。リュディゲルはレアル・マドリードに移籍することが決定し、クリステンセンはバルセロナに移籍することが濃厚とされている。

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!