アーリン・ハーランドとマンチェスター・シティ、契約間近か

Erling Haaland and Manchester City Near a Deal

マンチェスター・シティは、この21歳のノルウェー人ストライカー、エルリング・ハーランドの獲得に成功し、5年ぶり4度目のプレミアリーグ制覇を目前に控えたスター軍団に新たに加わることに合意したことを明らかにした。

「マンチェスター・シティは、2022年7月1日にストライカー、エルリング・ハーランドをボルシア・ドルトムントへ移籍させることで基本合意に達したことを確認した」と、火曜日に発表した。クラブは、この契約を正式に成立させるためには、ハーランドとの契約条件を解決するだけでよいとしている。

ハーランドの今夏の退団は、過去2シーズン半を過ごしたドイツのチーム、ドルトムントから広く予想されていた。シティは、レアル・マドリードやバイエルン・ミュンヘンといった候補者を出し抜いて、世界で最も注目されている若手フォワードの一人であるハーランドを獲得した。

シティとそのライバルたちは、ハーランドのドルトムントとの契約(7500万ユーロ、つまり8000万ドル弱の価値があると言われている)の解除条項を有効にする期限を6月に控えていた。ドルトムントはまだ、ハーランドとの契約条件に合意する必要がある。ハーランドの新年俸は、世界でも数十人の高給取りの一人になると予想されるからだ。

アラブ首長国連邦の支配者の弟が億万長者で、何億ドルもかけて世界で最も才能のある選手を集めているマンチェスター・シティにとって、この数字は問題ではないだろう。しかし、この数字は、昨夏リオネル・メッシを無償で失うことになった財政危機に陥っているバルセロナや、バイエルン・ミュンヘンといった他のチームには手の届かないものだろう。バイエルンのスポーツディレクターは最近、すでにロベルト・レバンドフスキというワールドクラスのストライカーがいるため、ハーランドを加えるのは「意味がない」と語っている。

今週中に契約を結べば、土曜日のドルトムントのシーズン最終戦、ヘルタ・ベルリンとのホームゲームで、ドルトムントのファンに別れを告げることができるようになる。

シティは現在、プレミアリーグのタイトル争いで3試合を残してリバプールに勝ち点3差をつけているが、最終的にチャンピオンズリーグを制覇することを視野に入れて、ハーランド獲得に乗り出したのは間違いないだろう。このトロフィーは10年以上前からシティの指導者が目標としてきたもので、昨シーズンはついに初めて決勝に進出したがロンドンのライバル、チェルシーに敗れ、今シーズンも準決勝まで戻ってきたが先週レアル・マドリードに見事に敗退している。

7月で22歳になるハーランドは、10代の頃から世界的なスター選手として期待されていた選手である。元プレミアリーグMFアルフィー・ハーランドの息子であるアーリン・ハーランドは、15歳の時に少年時代のクラブであるノルウェーのブライネFKでデビューし、その1年後に当時モルデの監督だった元マンチェスターユナイテッドのスター、オレ・グナー・ソルスケヤーが契約してモルデに加入した。

2018年にはオーストリアのレッドブル・ザルツブルクに所属し、唯一のシーズンでリーグ戦17得点を挙げ、チャンピオンズリーグでも最初の5試合に出場して8得点を追加した。それから1年も経たないうちにドルトムントにスクープされ、デビューから23分間でハットトリックを達成し、一躍脚光を浴びることになった。

ドルトムントではブンデスリーガ65試合で61ゴール、チャンピオンズリーグでは3試合で15ゴールを記録している。

この契約が完了すれば、父親が同じようにマンチェスター・シティに入団してから約22年後の月に入団することになる。アルフィー・ハーランドは、アーリンが生まれるわずか数週間前の2000年6月にシティと契約したが、マンチェスターで数シーズン負傷し、マンチェスター・ユナイテッドのロイ・キーンに悪名高いファウルを受けて、2003年に引退している。

Rory Smithが取材に協力した。

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!