レッズがFAカップでPK戦を制したときの選手評価

レッズがFAカップでPK戦を制したときの選手評価

土曜日の夜、ウェンブリーで行われた2021/22 FAカップは、リヴァプールがチェルシーをPK戦で下し、優勝を果たした。

レッズとブルースは今シーズン2度目の決勝戦で120分フルタイムで戦い、ユルゲン・クロップ監督が再び勝利し、トーマス・トゥヘル監督をFAカップ決勝3連敗に追いやった。

リヴァプールは序盤から多くのポゼッションを楽しみ、最初にゴールを狙った。ルイス・ディアスのクロスは、チアゴにとってあまりにも強力で、試合開始4分後には無人のゴールネットを揺らす勢いだった。

ディアスはその後、エドゥアール・メンディと1対1になったが、メンディがシュートの邪魔をし、トレボ・チャロバがライン上でクリアするのを許し、チェルシーは最初の15分間、命をかけたディフェンスを強いられた。

その後、チェルシーは流れを変えようと、いくつかの良い場面を見せながら、なんとか試合に入り込む。しかし、このシュートはアリソンのポストをかすめ、惜しくも枠を外れた。

さらに、アリソンはマルコス・アロンソのシュートを防ぐために、突進してくるウイングバックの足元に飛び出した。

前半のリヴァプールにとって最大の問題は、30分にモハメド・サラーが足を引きずって退場する姿だった。チャンピオンズリーグ決勝の14日前に、このエジプト人はボールから離れたところで座り込んでしまい、交代を余儀なくされた。

後半、マテオ・コバチッチが中盤でミスを犯すと、リヴァプールはアンディ・ロバートソンのクロスにディオゴ・ジョータが合わせ、ロメル・ルカクが逆サイドからシュートを放つがバーの上に外れるというハプニングがあった。

後半はチェルシーにとって良いスタートとなった。アロンソとプリシッチはともに最初の1分間で均衡を破る絶好のチャンスを得たが、前者は大きく引き離され、後者はアリソンの見事なセーブに遭った。

アロンソはフリーキックを放ったが、クロスバーにはじかれ、後半も序盤から攻勢をかける。

しかし、ディアスはチェルシーエリア手前でスペースを見つけ、メンディがシュートを放つが、枠を外れる。

後半8分、ディアスがチェルシーエリア手前でスペースを見つけ、シュートを放つ。

その結果、ディアスはメンディのポストの外側を打ち、アンディ・ロバートソンは自らのシュートが木枠を外れるのを見た。アンディ・ロバートソンは、ミルナーのクロスに反応してシュートを放ったが、枠をとらえきれなかった。

ディアスはボックスの外からカーブをかけたシュートを放ったが、またしてもポストの反対側に外れた。

延長戦の前半はチェルシーが優勢だったが、アレクサンダー・アーノルドがクロスをうまくはじき、ゴールからそらすなど、あと一歩及ばなかった。

延長戦の後半は、脚が疲れていたのか、あまりいいところがなく、PK戦に突入した。

アロンソとミルナーがゴールを決めた後、セサル・アスピリクエタのシュートはポストをかすめ、チアゴが2-1でリヴァプールに先制を許した。

その後、リース・ジェイムスとロベルト・フィルミーノがゴールを決め、ロス・バークレーとアレクサンダー・アーノルドもゴールを決めた。さらに、ジョルジーニョがゴールを決め、メンディがサディオ・マネのシュートを防ぎ、サドンデスに持ち込む。

ハキム・ジイェヒとイオタが手を出すことはなかったが、マウントのシュートはアリソンが見事に防ぎ、コスタス・チミカスがステップアップしてメンディを射抜き、リヴァプールのFAカップの栄光を封じ込めた。

 

GK: エドゥアール・メンディ – 7/10 – 足元でボールを持つと少し不安定だったが、それを補って余りある好セーブを見せた。

CB: トレボー・チャローバ – 6/10 – 最初の15分間は完全にボコボコにされたが、最終的には落ち着いた。

CB: チアゴ・シウバ – 7/10 – ジェームスへのパスが素晴らしく、序盤に膝にひどい怪我を負ったにもかかわらず、後方で模範を示した。終始、険しい表情だった。

CB: アントニオ・リュディガー – 6/10 – 大舞台の割にはおとなしい。前半はアレクサンダー=アーノルドに対応するのが大変だったようだが、特に問題はないだろう。

RM: リース・ジェームズ – 7/10 – チャローバがディアスに対応するのを助けるため、無理やり深い位置に入り、攻撃面では危険な動きを見せた。

CM: マテオ・コバチッチ – 5/10 – 明らかに体調が万全ではない。あまり前に出ず、リヴァプールの攻撃にもついていけなかった。

CM: ジョルジーニョ – 8/10 – 必要な時にチェルシーの中盤に落ち着きをもたらした。慌ただしくスタートした後、テンポを遅くした。

LM: マルコス・アロンソ – 7/10 – 何度かいいポジションでプレーし、不運にもゴールネットを揺らすことができなかった。時折、少しだらしないところがあった。

AM メイソン・マウント – 7/10 – いつものエネルギーに溢れたプレーから一転、よりクリエイティブな面を見せ、パス回しに悩まされた。

AM クリスチャン・プリシッチ – 6/10 – 少なくとも1ゴールは決めるべきだった。動きは良かったが、ファイナルサードで少しだらしなかった。

ST ロメル・ルカク – 5/10 – 試合に参加するのは非常に難しかったようだ。チームメイトとの素晴らしい連携もあったが、全体的にはあまり効果的ではなかった。

サブ:ン・ゴロ・カンテ(66’、コバチッチと交代) – 5/10 – 出場してからは、そこらじゅうを走り回っていた。しかし、ディアスへの素晴らしいリカバリーで、その遅れを取り戻した。

ハキム・ジイェック(85’、ルカクに代わって出場) – 6/10 – 良い動きもあったが、なかなかゴールを割ることができなかった。

サブ:ルーベン・ロフタス=チーク(106’、プリシッチに代わって出場) – 5/10 – 足元でボールを持つのが少し不器用で、15分間もプレーできなかった。

サブ:セサル・アスピリクエタ(106′ chalobahと交代) – 6/10 – あまり活躍はしなかった。

サブ:ロス・バークリー(119’、ロフタス=チークに代わって出場) – 該当なし

 

GK: アリソン – 8/10 – 前半に何度かマッシブなセーブを見せ、パスワークも見事だった。

RB: トレント・アレクサンダー=アーノルド – 7/10 – 開始早々、ディアスへの非現実的なパスを放った。攻撃の脅威となり続けたが、鍵を開けるのに苦戦した。終盤には、最後の最後まで果敢に挑んだ。味方を維持した。

CB: イブラヒマ・コナテ – 8/10 – ルカクと激しいバトルを繰り広げた。ルカクとの激しいバトルを制し、チェルシーに運試しをさせた。

CB: ヴィルジル・ファン・ダイク – 6/10 – ルカクとの対戦はより不愉快だったが、概ね自分の力を発揮していた。

LB: アンディ・ロバートソン – 6/10 – ジェームズに対応するのに苦労したようだ。あまり関与していない。

DM: ジョーダン・ヘンダーソン – 7/10 – リヴァプールが優位に立った時、素晴らしいプレーを見せた。ディフェンスを組織的に保った。

CM: チアゴ・アルカンタラ – 7/10 – 序盤は活躍したが、影響力が弱くなった。

CM: ナビー・ケイタ – 5/10 – 周囲の選手と比べると、少しペースが落ちているように見えた。

RW: モハメド・サラー – 5/10 – 32分間、ゲームに参加するのに苦労した後、負傷により強制的に退場させられた。

ST: サディオ・マネ – 5/10 – セントラルストライカーとしては、相変わらず不格好なプレーが目立つ。ファーストタッチがうまくいかず、チームメイトを苦しめた。

LW: ルイス・ディアス – 7/10 – リヴァプールにとって最大の脅威。序盤は全てに関与し、チェルシーディフェンスに問題を与え続けた。

サブ:ディオゴ・ジョータ(33’サラーに代わって出場) – 6/10 – この試合で最高のチャンスを得たが、ゴール前では少しずさんなプレーが目立った。

サブ:ジェームズ・ミルナー(74’、ケイタと交代) – 6/10 – 中盤で素晴らしいエネルギーを発揮した。

サブ:ジョエル・マティプ(91′ ファン・ダイクの代役) – 7/10 – 後方で快適にプレーした。

サブ:ロベルト・フィルミーノ(98’、ディアスとの交代)-5/10 – ほとんど何もしなかった。

オープンプレーではほとんど何もしなかったが、決勝点となるPKを決めた。

Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!