ドンカスター・ローヴァーズが炎に包まれた年

ドンカスター・ローヴァーズが炎に包まれた年

ベルビューはドンカスター・カウンシルの所有で、ドンカスター・ローバーズには、スタジアムをスポーツのために使うという条件で貸し出されていたのである。

1997/98シーズン

1997/98年のキャンペーンが始まる前から、ドンカスター・ローバーズには壁が立ちはだかっていた。

1997/98シーズンの開幕から4ヶ月間、ドンカスターは一度も勝利することができなかった。11月までに5人の監督が交代したが、そのほとんどがリチャードソンのチームへの干渉を感じ辞任している。

最後に指揮を執ったのは、1997年11月に就任したマーク・ウィーバーだった。彼は、ストックポート・カウンティでくじ引き券を売ったのが唯一のサッカー経験者だった。

ワークマンは言う。「彼はファンの間で憎まれ役で、ケン・リチャードソン政権の顔と見なされていた。ウィーバーが監督をしていた頃は、ほとんどの選手がパートタイムで契約していた。多くの選手は自主トレもしないままだった。

最後の藁

1997-98シーズン、ドンカスター・ローヴァーズのファンは、クラブに何が起きているのかを皆に知らせる目的で、「セーブ・ザ・ローヴァーズ・グループ」を結成しました。

「ある試合では、全員が笛を持参しました。試合が始まると、レフェリーが笛を吹いているように聞こえますが、本当はグラウンドにいる誰かなのです。警部が来て、何事かと聞かれたので、私はこう答えました。「リチャードソンは我々のクラブを殺している、何とかしなければならない」と。

その年の最終戦、コルチェスター戦では、試合前にファンたちが模擬葬儀を行い、ピッチ脇に花を供えた。多くの人が、この試合がクラブ史上最後の試合になるだろうと信じていた。

10分おきにピッチに侵入して、試合を放棄させるために全力を尽くした。他のクラブにこのようなことが起こらないように、誰かに気づいてほしかったんだ。

灰から甦る

ドンカスターがフットボールリーグから陥落したとき、多くのファンはクラブの終焉を恐れた。ケン・リチャードソンは実刑判決を受け、クラブの所有権を手放し、ドンカスターが新シーズンに間に合うようにチームを編成できるかどうかさえ怪しくなっていました。

1998年にクラブのオーナーとなったジョン・ライアンのおかげで、ドンカスター・ローバーズは存続することができたのです。

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!