チャーロのプランとは?154にとどまり、160を目指す

チャーロのプランとは?154にとどまり、160を目指す

ジャーメル・チャーロが成し遂げたことは印象的だ。ジュニアミドル級の歴代チャンピオンをリストアップしてみると、4ベルト時代に無差別級チャンピオンになったのは彼だけというのも、ちょっとショックな話だ。しかし、この巨大な頂点に到達したチャーロは、これからどうするのだろうか。

“鉄人”がついにトレーナーのデリック・ジェームスの言うことを全面的に聞くようになった今、物事はあまり混乱することなく行われるはずである。エロール・スペンスとチャーロの間で、ジェームズはエディ・レイノソに次ぐ最高のトレーナーとして位置づけられるかもしれない。チャーロは今、ボクシングの全盛期を迎えている。そのため、このような「忖度」(そんたく)は、「忖度(そんたく)」と呼ばれる。彼は平均以上のスピードとパワーを兼ね備えている。ジャブで以前より距離をコントロールできるようになり、さらに左フックはトップ3に入る。

チャーロのカウンターがうまくても、打たれることはある。もしカスタノが彼のインサイドに入ることができたなら、それは他の選手にとって公園を散歩するようなものだろう。

チャーロのプランと現状維持について

チャーロが今の位置に留まることには、十分な論拠がある。彼はどんなに優秀でも、まだ学んでいる最中なのです。例えば、肩の力を抜いて戦うことが常に良いこととは限らない。リラックスして戦うことがより有益なのです。それに、彼にはまだ大きな試合があるし、無名のステータスを守ることは、それだけ自分のレガシーを大きくすることでもある。そして、彼はまだ32歳になるばかりで、何か行動を起こすには時間がかかる。

そして、彼がブライアン・カスターノを仕留めるやいなや、最初の2つのマンダリンが主張し始めたのである。

セバスチャン・フンドラもティム・ツジウも、当たり前のことを指摘している。彼はプレッシャーをかけられるのが嫌いなんだ。もし、これがWWEだったら、彼は同時に両方の試合をこなせるだろう。50年代、60年代、70年代であれば、6カ月以内に両方の試合をこなすことができるだろう。しかし、ボクシングはもうそういうわけにはいかない。どちらか一方を待つしかない

154階級でトップクラスの選手以外は ほぼ互角の戦いができる ジャレット・ハードやリアム・スミスなどのファイターが彼をプッシュする可能性はあるが、どちらも彼を倒すことはできないし、ましてやすぐに実現することはない。フンドラ、いつかチャンピオンになれるかもしれないが、今はまだ無理だ。特に彼はちょうど彼のサイズで他の人をいじめないからです。そう、彼は前に出てきて、まっすぐ、束になって投げるのだ。サイズとリーチがチャーロを悩ませるかどうかはわからない。しかし、彼のパワーと “タワーリング・インフェルノ “がセンターラインから外れないことを考えると、先にそちらをやったほうがいいのかもしれない。

ツユは、野球用語でいうところの「5ツール」である。あらゆることを平均以上にこなし、とにかく危険だ。チャーロは今、絶好調だが、ツユに負けるのは想像に難くない。

今すぐ160へ

ジャーメルと弟のジャーマルの計画は、常に上へ上へと向かうことだった。ジャーメルが山を制覇した今、もう1つ山を登りたいと思うのなら、今が絶好の機会だ。168でカネロ・アルバレスを本気で追いかける機会をジャーマルに与えることになるのだ。

しかし、ジャーメルがまだ持っている小さな穴は、ミドル級で本当に前面に押し出されることになる。デメトリウス・アンドラーデ、ハイメ・ムンギア、ゲンナジー・ゴロフキンは、他の選手と同様に、彼にとってタフな存在だろう。特に、トニー・ハリソン以上にカスタノのプレイブックに従うのであればなおさらだ。

デリック・ジェームズとチームが今、チャーロに叩き込まなければならないのは、スプリントではなく、マラソンだということだ。そして、それがチャーロのプランであるべきだ。お金も試合も将来はある。

Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!