24時間ノンストップでバンジージャンプをし続ける男が、気持ち悪い世界記録に挑戦中

24時間ノンストップでバンジージャンプをし続ける男が、気持ち悪い世界記録に挑戦中

あるフランス人男性が現在、スコットランドで最も胃が痛くなるようなエクストリームスポーツの世界記録に挑戦しています。フランソワ・マリー・ディボンは、連続バンジージャンプの最多記録更新を目指し、24時間以上バンジージャンプを続ける予定だ。

44歳のディボンはBBCの取材に対し、趣味でバンジーを始めるまでは高所恐怖症だったと語り、その恐怖心を「良い治療法」と称している。時が経つにつれ、彼のジャンプ好きは進行し、今に至ります。ディボンは、火曜日の早朝からスコットランドのパースシャーにあるガリー橋からジャンプしており、2017年から立っていた430の現行記録を破るには、今後24時間にわたっておよそ300秒に1回のペースでジャンプする必要がある

表面的には、これは比較的簡単に見えるかもしれません。結局のところ、橋から飛び降りて落下することがどれほど難しいことなのか?しかし、実はこれだけの連続ジャンプに挑戦すると、人体にはとんでもない負担がかかる。十分な休息を取らずに上下運動を続けることによる乗り物酔いと戦うだけでなく、バンジーのGフォースを何度も受けても怪我をしないように、驚異的な体幹の強さが必要なのである。

唯一の休養のチャンス。機材の調整。コードやハーネスの調整が必要な場合、技術者が作業している間、最大で10分程度の休憩を取ることができる。その場合、ディボンは少し横になって「微睡み」をとり、何度も何度も橋から体を投げ出す作業に戻る予定です。

世界記録への挑戦はストリーミング配信されていませんが(少なくとも現時点では)、ディボンが連続バンジージャンプの新記録を樹立できたかどうかは、水曜日の朝までにはわかるはずです。

Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!