全仏オープンでナイトがトリッキーなチケットになることを証明

Nights Prove a Tricky Ticket at French Open

パリ – おそらく10年前、ローラン・ギャロスでの長い試合の取材後、ラ・ポルト・ドートゥイユで遅い夕食をとりながら、私は『レキップ』の偉大なフランス人テニスライター、フィリップ・ブアンと共に、もし全仏オープンが他のグランドスラム大会と一緒にナイトセッションを行うことになったら、真夜中を過ぎて記事を書く代わりに他の目的に移り、ビストロでの最後の食事の機会を逃すのは良い時期だろう、と同意していたと記憶しています。

テニス界にはもっと大きな問題があるのは確かだが、ブアン氏は多かれ少なかれ約束を守り、全仏オープンが2021年に「セッション・ド・ニュイ」を採用するずっと前に引退している。ラファエル・ナダルがノバク・ジョコビッチとの準々決勝を午前1時15分に終え、火曜日が水曜日に、5月が6月になると、私はほぼ満員のスタジアムで束の間の時間を過ごしていた。

数時間後、ローラン・ギャロスから歩いてきた私も、公共交通機関がない中、数人のフランス人ファンがタクシーを呼んだり、車を予約したりしているのを目撃した。

テニスのナイトセッションには、熱気、プライムタイム(時間帯による)の放送、日中働いているファンが直接参加できるチャンスという利点があるのは間違いない。

しかし、ローラン・ギャロスの新しいナイトセッションは、国内でのテレビ放映収入で他のグランドスラム大会に遅れをとっている大会の収益を上げるために作られたものだが、マイナス面も多くある。それは、フランスが、他のグランドスラム大会では通常2試合行うところを、自分たちのやり方で1試合しか行わないことにしたことが大きな原因である。

全仏オープンの元トーナメントディレクターで、この決定に関わったギー・フォルジェ氏は、「午前3時に試合が終わらないようにするため」だと語っている。

ウィンブルドンでは、ナイトセッションはまだ実施されていません(芝生は日没後にさらに滑りやすくなる)。しかし、全米オープンと全豪オープンは何十年も前からナイトセッションがあり、通常男子シングルスと女子シングルスが予定されています。そして、2008年の全豪オープンでレイトン・ヒューイットがマルコス・バグダティスに勝ち、午前4時34分に終了するなど、いくつかのオールナイトセッションがありました(ホテルに戻る途中でかなりの日の出でしたね)。

マリン・チリッチがダニール・メドベージェフを破ったような、寒さの中での一発勝負に、1枚100ユーロを超えるチケットの価値があるだろうか。

また、男女平等の観点からも問題がある。今年のローラン・ギャロスで行われた10試合のナイトセッションで、女子の試合はわずか1試合、フランスのアリゼ・コルネがラトビアのイェレナ・オスタペンコに勝利したのみでした。ナイトセッションが始まった昨年も同じ割合で、コロナウイルスの大流行で10日中9日がファンゼロだった。

フランス出身の元WTA1位、アメリー・モーレスモが全仏オープンの新しいトーナメント・ディレクターに就任しても、この格差は続いている。ナダルとジョコビッチの決戦の翌朝、この問題について問われたモーレスモは、女性として、また「元女子選手」として、「今、そう言って悪い気はしないし、不公平でもない」と、女子の試合よりも男子の試合の方が一般的に魅力的であると不器用なフットワークを披露したのだ。

マウレツモ氏は、ドローが出た後の彼女の目標は、そのショーケースの夜の枠に入れられる女子の試合を見つけることだった、と語った。しかし、彼女が求めていたような注目の対戦相手やスター選手を見つけるのに苦労したという。また、女子の試合は、男子のベスト5に対して、ベスト3という短い形式が一般的です。

「タフだったことは認めます」と彼女は言いました。「あなたが言うように、その日の試合を見つけるために、一晩以上大変だった」と彼女は言い、やや申し訳なさそうに言った。

21歳のポーランドのスター、イガ・スワテクは、新1位で、かつての全仏オープン・チャンピオンであるにもかかわらず、ナイトタイムの割り当てを受けなかったのです。

「少し残念だし、驚いたわ」とスウィアテックは、水曜日にジェシカ・ペグラ(アメリカ)に6-3、6-2で勝利し、彼女のシングルスでの連勝を33に伸ばした後、モーレスモのコメントについて話しています。彼女は、ほとんどの選手にとって、日中に試合をする方が都合がいいと付け加え、「でも、確かに私は楽しませたいし、すべての試合で自分の最高のテニスを見せたいの」とも話していました。

WTAのチーフであるスティーブ・サイモンは、テキストメッセージの中で、夜間のスケジュールと、女子の試合が通常、観客と視聴者が少ない時間帯であるデイセッションのメインコート2面でのオープニングマッチに選ばれることに不服を表明しています。

 

「現在、私たちがこのスポーツで目の当たりにしている才能の世代と深さは、信じられないほどです。私たちのファンは、女子テニスの興奮とスリルを、最大の舞台とプレミアムタイム枠で見たいと思っています。改善の余地は確かにあります。そして、もし私たちが組み合わせた商品の価値を高めたいのであれば、バランスのとれた試合スケジュールは、その道筋を提供する上で非常に重要です」と述べています。

WTAは、3月にトップランクのアシュリー・バーティがまさかの引退、大坂なおみと全仏オープンの覇者バーボラ・クレジコバが1回戦敗退、さらに今年はセリーナとヴィーナス・ウィリアムズがまだ出場していないため、ローランギャロスではスーパースターの力が足りなかったといえるだろう。

しかし、ナイトタイムの1試合制は、現段階でほとんどの試合を急遽勝利しているスウィアテックをアピールすることを難しくしているのも事実です。「プレー時間の長さは、確かに要因のひとつだ」とマウレスモはテキストメッセージで語っている。

十分なエンターテインメントを保証するために、なぜ単純に夜に2試合、あるいは女子の2試合を予定しないのか。マウレスモによれば、2021年から2023年までのナイトセッションの放送契約では、1試合だけと規定されているからだ。

「それを変えるのは不可能だ」とマウレスモは言った。「しかし、チケットホルダーを満足させることができる他の可能性を考えるために、パートナーたちと話し合うつもりです。」

もし、選手が夜更かしをせず、ブローニュの緑豊かで平和な郊外の近隣住民を刺激しないようにするためであれば、たとえ1試合でも午後8時45分より早く始めるように、それは良い考えのように聞こえる。

フランスでより大きな問題は、アクセシビリティです。このナイトセッションの権利を購入したインターネット放送局、Amazon Prime Videoは、従来の公共放送に比べれば小さなフットプリントです。レキップ紙によれば、契約上、全仏オープンの主催者に最終的な決定権があるにもかかわらず、このアマゾンがマーキーマッチを手にすることになっているのです。

しかし、火曜日のマーキーマッチは間違いなく、アマゾンプライムは例外的にフランスの視聴者にそのサービスへの無料アクセスを許可することに同意しましたが、ナダルとジョコビッチの準々決勝を夜に予定するという決定は、議論と怒りを呼び起こすことになりました。

フランス・テレビジョン社の社長であるデルフィーヌ・エルノット氏は、Le Figaro誌に「フランス・テニス連盟の決定は、私に大きな衝撃を与えた」と語った。「何年もこの大会を放送し、普及させてきたのに、我々のパートナーシップを低めるものだ 」と。

大会の対戦が平日の夜中1時15分に終了するというのは、確かにフランスでの視聴率も良くはなかった。そして、深夜12時を過ぎてもメインスタジアム内は超然とした雰囲気だったが、帰路につくまでに代償があった。

全仏オープンの主催者は、終了時間が非常に遅くなった後も公共交通機関の運行を継続することについて、パリ当局とまだ合意に至っていない。

メトローは閉鎖され、ブーアンと私がずっと以前から懸念していたように、ビストロも閉鎖された。

Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!