メアリー=ソフィー・ハーベイ、世界水泳選手権で薬物を投与されたと発表

メアリー=ソフィー・ハーベイ、世界水泳選手権で薬物を投与されたと発表
Mary-Sophie Harvey
メアリー=ソフィー・ハーベイが夜遊びの際の注意を呼びかけました。

カナダの水泳選手メアリー=ソフィー・ハーベイによると、先月ブダペストで開催された世界選手権の最終日の夜に薬物を投与されたそうです。

22歳のハーベイによると、「4~6時間の間」何も思い出せず、目を覚ますと肋骨の捻挫と脳震盪を起こしていたという。

東京オリンピックの出場選手は、その後、自分の体に「数十のあざ」があることを発見した。

ハーヴィーは、この出来事について「これほど恥ずかしく思ったことはない」と語ったが、「この出来事で自分が決まることはない」と主張している。

「結局、病院に行き、医師や心理学者に診てもらいました。彼らは私をテストし、彼らができる最善の方法で治療した」とハーヴェイはインスタグラムに書いている。

「彼らはそれがより頻繁に(我々が考えるよりも)発生し、私は肋骨捻挫と小さな脳震盪でこれから抜け出すために、ある意味で幸運だったことを私に言った。」

「それは私が持っていた恐怖のいくつかを治すのに役立ったが、悲しいかな、それらすべてではない。」

水泳の世界統括団体であるFinaは、調査を開始したと発表した。

「このたびのメアリー=ソフィー・ハーヴェイに関する苦悩の報道を受け、Finaは彼女の健康状態に深い懸念を抱いています」と述べている。

「私たちはスイミング・カナダと地元の組織委員会と連絡を取っています。2021年、Finaはアスリートを保護することを目的とした広範な措置を採用し、この問題をさらに調査するために独立した調査担当者が配属されました。”

ブダペストでカナダの4×200mリレーチームの一員として銅メダルを獲得したハービーは、ドリンクスパイクの事例が「危険なほど増えている」とし、インスタグラムの投稿に同様の事件に関するニュースの切り抜きも載せている。

この水泳選手は、この問題が「まだ十分に語られていない」と考えており、夜の外出時には注意するよう呼びかけています。

“これを読んでいる人へ、どうか気をつけてください “と彼女は書きました。

「私は安全だと思っていたし、特に友人たちに囲まれている間は、こんなことは起こらないと思っていた。でも、そうなってしまった…あの夜になる前に、誰かがこの問題について教育してくれていたらと思う」

もし、あなたやあなたの知り合いが同じような問題に巻き込まれた場合、BBC Action Lineのウェブサイトから情報やサポートにアクセスすることができます。

Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!