ガレス・ベイル:ウェールズのキャプテン、LAFCでの長期滞在でユーロ2024を目指す

ガレス・ベイル:ウェールズのキャプテン、LAFCでの長期滞在でユーロ2024を目指す

Gareth Bale smiles and gives a thumbs up as he addresses the media

ガレス・ベイルは、男子サッカーにおけるウェールズの歴代最多得点者(39ゴール)である。

ウェールズのキャプテン、ガレス・ベイルは、ロサンゼルスFCへの長期移籍を宣言し、2024年のユーロ、そして2026年のワールドカップ出場を目指している。

この32歳のフォワードは、レアル・マドリードからフリーランスでLAFCに移籍し、2024年のシーズンもプレーすることができる。

ベイルは、今年末のワールドカップに間に合わせるために契約したのだという考えを否定した。

「ここにいることで、ユーロに出場するための最高のチャンスが得られるし、もしかしたら、もう1回出場できるかもしれない。

まだ何年もあります。6ヶ月や12ヶ月の間、ここにいるために来たんじゃない。できるだけ長くここにいるためにここに来たんだ。

このリーグで、このチームで、自分の足跡を残したいと思っています。将来が楽しみです。」

ベイルは、最初の記者会見で、次のユーロまで、もしかしたらそれ以上まで行けるかもしれない、最高の機会を与えてくれた。

ベイルは、先週金曜日にアメリカに到着し、月曜日にクラブのバンク・オブ・カリフォルニア・スタジアムで行われたLAFCの選手としての最初の記者会見に出席していた。

カリフォルニアに到着して数時間後、ベイルはLAFCが街のライバルであるLAギャラクシーを3-2で下した試合をスタンドから見守り、試合後には観客に紹介された。

チャンピオンズリーグを5度制覇したベイルは、この歓迎を「信じられない」と表現し、今週は新しいチームメイトと初練習を行い、現在、勢いのあるメジャーリーグサッカーでのデビューを心待ちにしている。

1958年以来のワールドカップ出場を目指すウェールズのファンにとっても、ベイルのコメントは大きな安堵と興奮をもたらすことだろう。

もしウェールズが予選敗退となれば、ベイルは引退するのではないかとの憶測もあったが、ベイルはLAFCへの長期的な関与を表明するとともに、2026年ワールドカップでのプレーをほのめかしたようである。

「短期決戦のためにここに来たわけではないんだ。

ここにいることで、ユーロに出場する最高のチャンスが得られると思うし、もしかしたら、もう1回出場できるかもしれない。

それが僕の目標です。私は大きな役割を果たすためにここにいる、私は本当に開始することを楽しみにしています。

MLSはずっと見てきました。時差があるので難しいですが、いつもテレビで見るようにしています。

ヨーロッパの人たちが思っているよりもずっといい。リーグも良くなっているし、スタジアムも、チームも良くなっている。

私は誰もそれ (MLS) 今引退リーグとして見ていないと思います。それは物理的です、それは要求です。

このクラブは新しいが、ずっとここにいるような気がする。私はその一部であることを楽しみにしている。」

Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!