ユーロ2022で暴れまくるライオネス選手の評価

ユーロ2022で暴れまくるライオネス選手の評価

アメックスより – イングランドは、月曜日の夜、ブライトンでノルウェーに8-0の大勝を収め、グループ優勝としてEuro2022の準々決勝に進むことを確実にした。

5日前のグループリーグ開幕戦でオーストリアに1-0で辛くも勝利した後、この夏のダークホースと言われるチームとの対戦は、厳しい戦いになると予想されていた。しかし、そうはならなかった。

イングランドは、前半の圧倒的なパフォーマンスでノルウェーを圧倒し、ベス・ミードとエレン・ホワイトのダブルス、ジョージア・スタンウェイのペナルティ、ローレン・ヘンプのゴールで、6-0のリードで折り返したのである。後半には、交代出場のアレッシア・ルッソも得点に加わり、ミードがハットトリックを達成した。

10分後、イングランドは、マリア・ソリスドッティルがホワイトに不器用なトリップをしたとしてペナルティーを受け、スポットキックを得たことから、この試合は始まった。スタンウェイは12ヤードの距離から自信たっぷりにシュートを決め、2019年ワールドカップでのライオネス選手のペナルティの苦悩は、遠い記憶のようになった。

5分後、2点目が決まった。スタンウェイが素晴らしいスルーパスでミードをボックス内に走らせ、アーセナルのウィンガーが上げた低いクロスをヘンプがゴールに押し込んだ。このゴールは当初オフサイドの判定だったが、アメックスに鳴り響く「VAR」の声に、VARが介入し、ゴールは成立した。

ソリスドッティルは、ボックス手前でエレンホワイトに奪われ、またもや不運な形で3点目を挙げた。このイングランド人ストライカーは、グロ・ペテルセンをかわして冷静にゴールした。

イングランドはハイプレスが功を奏し、35分には4点目を挙げた。ホワイトがノルウェーのバックラインを苦しめ、ボールはヘンプに渡り、彼女の右からのカーブしたクロスをミードがゴールに流し込んだ。

アーセナルのフォワードは、ノルウェーの3人のディフェンダーをかわして独走し、この夜2点目、今大会3点目を挙げた。

イングランドは、前半にフランスが見せた素晴らしいプレーを上回る6得点を挙げ、試合を振り出しに戻した。カービーは右サイドからのクロスをゴールポストでホワイトに決められ、再びリードを許した。

第2ピリオド、イングランドはノルウェーの陣地でプレーし、攻撃の手を緩めることはなかった。しかし、1時間後にルーシー・ブロンズのクロスをアレッシア・ルッソが頭で合わせ、7点目を挙げた。

ミードは最後の10分で、キーラ・ウォルシュのシュートをペテルセンが弾き、そのリバウンドをゴールに押し込み、ハットトリックを達成したのだ。

GK: メアリー・アープス – 6/10 – チームメイトがノルウェーを打ちのめすのを見ながら、楽しい一日を過ごした。前半にサエヴィクのシュートを防いだが、それ以外は観客として見ていた。

RB: ルーシー・ブロンズ – 8/10 – 何度もピッチの高い位置でボールを奪い、イングランドの危険なカウンターアタックを誘発した。ハイプレス・システムでのプレーは秀逸だった。イングランドの7点目をお膳立てした。

CB: ミリー・ブライト – 9/10 – ワールドクラスのヘーガーベルグをほとんど寄せ付けず、見事で強固な守備を披露した。

CB: リア・ウィリアムソン – 7/10 – 深い位置からスルーパスを出すのに非常に効果的だった。ブライトがヘーガーバーグを抑えるのに貢献した。

LB:レイチェル・デイリー – 7/10 – タックルに食らいつき、何度も前に出て、ヘンプとのコンビネーションがとても良かった。

CM:キーラ・ウォルシュ – 8/10 – 冷静沈着、そして冷静。スタンウェイやカービーとうまく連携し、イングランドを翻弄した。イングランド代表の8点目には、遠目からのドライブで貢献した。

CM: Georgia Stanway – 9/10 – 10分以内にPKを成功させた。ノルウェーのバックラインを切り裂き、イングランドの2点目に大きく貢献した。

CM: フラン・カービー – 8/10 – 中盤とディフェンスの間にあるスペースに入り、活躍した。トップクラスの決定力で、イングランドの5点目と6点目をお膳立てした。イングランドの前線4人のコンビネーションは非常に良く、カービーはその中心的存在だった。

RW: ベス・ミード – 10/10 – ボックスに飛び込み、低いクロスでイングランドの2点目をアシストした。3点目はヘディングで決めたが、2点目は見事な独走で、この試合一番の出来だった。後半にはハットトリックを達成した。自信に満ち溢れていた。

ST: Ellen White – 9/10 – PKを獲得し、Thorisdottirを振り切り、冷静にゴールを決め、2点目をポストフィニッシュで決めた。

LW: ローレン・ヘンプ – 8/10 – 最初の15分間は、オーストリア戦の全時間帯を上回る活躍を見せ、得意のスラロームで大混乱を引き起こした。2点目のシュートを放ち、3点目も右からのクロスでお膳立てした。

アレッシア・ルッソ – /10 – 後半、ブロンズのクロスを頭で合わせ、自身初のメジャー大会でのゴールを決めた。

サブ:エラ・トゥーン – 7/10

サブ:アレックス・グリーンウッド – 7/10 – シュートを放ったが、直立に近い位置で弾かれた。

サブ:クロエ・ケリー-7/10

代打:ジル・スコット-6/10

 

GK: グロ・ペッテルセン – 3/10 – 7ゴールを決めたが、雨漏りの多いバックラインからあまり守られていなかった。ミードとルッソのヘディングシュートをもっとうまく処理できたはずだ。

RB: トゥーヴァ・ハンセン – 3/10 – ヘンプのトリッキーさとダイレクトなプレーに対抗できなかった。

CB: マレン・ミェルデ – 3/10 – イングランドが6点目を挙げたとき、ノルウェーのバックライン全体が悪夢のような状態になったため、ホワイトを見失った。

CB: マリア・ソリスドッティル – 2/10 – イングランドが先制したスポットキックを、ホワイトに不必要なトリップをし、イングランドのフォワードにボールを渡してしまい、ライオネス3点目を与えてしまった。もっといい日があったはず。

LB: Julie Blakstad – 2/10 – 序盤は危険なほど前に出ていたが、守備ではミードへの対応に苦慮し、ノルウェーの左サイドからイングランドの多くのチャンスとゴールが生まれていた。

RM: Karina Saevik – 4/10 – ノルウェーが最初にゴールを目指したが、Blakstadのクロスにうまく合わせることができなかった。ハーフタイムで交代。

CM: ヴィルデ・ボエ・リサ – 4/10 – カービーとスタンウェイからなるイングランドのダイナミックな中盤コンビを封じ込められなかった。ハーフタイムに交代。

CM:イングリット・シルスタッド・エンゲン – 4/10 – 中盤でスタンウェイとカービーに圧倒され、劣勢に立たされた。

前半は、ブロンズのアグレッシブさに対応するのに苦労し、イングランドの右サイドバックに何度も振り回された。後半は10番を背負ったが、それ以上の喜びはなかった。

CAM キャロライン・グラハム・ハンセン – 4/10 – イングランドが圧倒的に優勢だったため、ほとんど出番がなかった。後半は右サイドに入ったが、デイリーやグリーンウッドと対戦することはなかった。

ST: Ada Hegerberg – 4/10 – 驚異的なブライトにマークされ、試合から外された。

サブ:グロ・ベルグスヴァンド – 4/10

サブ:フリーダ・マーヌム-4/10

サブ:チェリン・ビゼイ・イルドゥソイ – 4/10

サブ:アマリエ・アイケランド-4/10

代役:エリザベス・テルランド – N/A

Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!