ドルトムントのストライカー、セバスティアン・ハラーが精巣腫瘍と診断される

ドルトムントのストライカー、セバスティアン・ハラーが精巣腫瘍と診断される

ボルシア・ドルトムントのストライカー、セバスティアン・ハラーが精巣腫瘍と診断され、治療のためにスイスでのチーム合宿を離脱した。

28歳のハラーは、月曜日のトレーニング後に体調不良を訴えた。その後の検査で腫瘍が見つかり、コートジボワール代表の彼は今後数日間、専門医療機関でさらに検査を受けることになる。

ドルトムントのスポーツディレクターであるセバスチャン・ケール氏は、次のように述べている。「今日のこの知らせは、セバスチャン・ハラーと他のすべての人にとってショックなものだった。BVBファミリー一同、セバスチャンが一刻も早く完治し、またすぐにでもハグができるように願っている。

“我々は彼が最善の治療を受けられるよう、全力を尽くす”

ハラーは今夏、アーリン・ハーランドの後釜としてアヤックスからドルトムントと契約し、初期費用は3100万ドル(約2629万円)だった。

昨シーズンのアヤックスでは、チャンピオンズリーグで特に力を発揮し、グループステージだけで10得点を挙げた。また、全コンペティションで32ゴールを記録している。

ハラーは以前、2019年から2021年までの2年間をウェストハム・ユナイテッドで過ごし、48試合に出場して10得点を記録している。

Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!