USWNTが五輪出場権を獲得、コンカフW選手権優勝

USWNTが五輪出場権を獲得、コンカフW選手権優勝

2023年女子ワールドカップ出場権?チェック

2024年オリンピック出場権?チェック

コンカフW選手権の優勝と対カナダ戦のリベンジ?チェック

アメリカ女子代表チームは、3つの明確な目標を掲げてコンボ予選に臨んだ。そして2週間の疑問の末、月曜日の夜にメキシコで行われた90分間の大いなる無駄を経て、そのすべてを達成したと安全に言えるようになったのである。米国の次の2年間のロードマップが設定され、その地域自慢の権利が拡張されました。カナダは昨夏のオリンピックで米国を破り金メダルを獲得したが、コンカフの決勝で南の隣国と対戦したときは、まだ2番手で、米国との対戦は現在0勝9敗1分である。

アレックス・モーガンの78分のPKが決め手となり、アメリカは1-0で勝利し、コンカフ大会のタイトルとそれに伴う戦利品を手に入れた。モーガンは、このPKを獲得するのに重要な役割を果たした。彼女のパスが、アリーシャ・チャップマンにボックス内でクリップダウンされたローズ・ラヴェルをお膳立てした。そして、モーガンはステップアップし、彼女のクラブチームメイトであるサンディエゴ・ウェーブのGKケイレン・シェリダンを冷静に倒し、長い間かかっていた突破口を開いたのである。

カナダのオリンピックの夢はまだ終わっておらず、表彰台の頂点を守るためにパリに行くチャンスはまだある。しかし、今、自動的に予選を通過するのではなく、2023年9月にコンカフの2番目の出場権をかけて、3位のジャマイカとプレーオフを戦うことになる。

結果は、カナダが昨夏に勝利したオリンピック準決勝とほぼ同じであった。75分のジェシー・フレミングのゴールで、カナダは日本での有名な勝利を手にした。この勝利は、アメリカにとって異常なほどの不確実性と不安の年となった。

米国は、5試合すべて13-0のスコアで勝利した大会の後、同じ質問と不安が持続し、決勝でのパフォーマンスはほとんど障害なしだったこと、そのような基準である。月曜日の試合は、たとえ1ゴールしか挙げられなかったとしても、今大会で最も手ごわい攻撃的な内容だった。この地域でアメリカが持つ唯一の真の仲間に対して、意図的なオーラがあり、開始44秒にマル・ピューがシェリダンの手を刺したとき、アメリカは本気であるように見えた。

4分にはモーガンがシュートを放ち、その1分後にはリンゼイ・ホーランがゴール前でブロックされるなど、チャンスはさらに続く。ホランは14分にもサイドボレーでシュートを放ったが、わずかに枠を外れた。

後半、アメリカは4対2のチャンスを逃し、ホランはラヴェルが右サイドをストリークし、目の前にスペースがある状態だった。しかし、彼女は左サイドからプフにパスを出し、プフにもスペースがあったが、このチャンスは枠を外れた。

しかし、アメリカの2つの絶好のチャンスは、火中の栗を拾うような若いフォワード、ソフィア・スミスだった。ハーフタイム直前、右サイドバックのソフィア・フエルタが至近距離からスミスに完璧なクロスを送ったが、ボールが少し飛び出してシュートに影響し、シェリダンが最初のシュートを阻止し、カナダのセンターバック・カデイシャ・ブキャナンがリバウンドでゴールラインをカバーして、突破を防いだ。

後半、アメリカは、ベッキー・ザウアブランがピューを選び、モーガンにボールを送るという、効率的で正確な攻撃を展開。ベッキー・サウアブランはプフを選び、プフはモーガンにタッチ、完璧なスルーパスでスミスを見つけ、スミスはシェリダンをかわし、すぐにシュートを放ち、オープンネットに突き刺した。

しかし、アメリカは決して弱音を吐かず、モーガンのPKという形で正当な報酬を手に入れた。

来年夏にオーストラリアとニュージーランドで開催されるワールドカップに向けて、アメリカはまだいくつかの課題を抱えているが、1つの項目は決まっているようだ。メキシコでのモーガンのオールラウンドな活躍と、NWSLでの灼熱の得点シーンは、今後彼女を第一候補のストライカーとして確固たるものにするはずである。

アンドノフスキーは、モーガンについて、「彼女がすべての状況にどう対処し、どう復帰したかは、驚きではなく、とてもうれしいことだ」と語った。「アレックスは、より優れた選手であり、それが彼女を特別な存在にしている。彼女は成長を止めようとしない。彼女は成長を止めたくないのです。」

「アレックスはビッグプレーヤーであり、ビッグプレーヤーは大きな瞬間のために生まれてくる。それが彼女を特別な存在にしているのです。」

 

しかし、他の分野はあまり明確ではないかもしれませんが、米国は現在、利用可能な持っていないか、またはこの競争のために呼び出さなかった人を覚えておくことが重要です。ジュリー・エルツ、クリスタル・ダン、カタリーナ・マカリオ、ティエルナ・デビッドソン、クリステン・プレス、リン・ウィリアムズ、サム・ミュース、アビー・ダールケンパー、トビン・ヒースは、妊娠、産後、ケガ、監督の判断のいずれかによってメキシコにいなかった選手で、アンドノフスキー監督がふさわしいと認めたときに再統合すれば、今後の大会で世界一に立ち向かうチーム編成に向けて長い道のりになるはずだ。女子ヨーロッパ選手権を見ればわかるように、アメリカの王座には有能な挑戦者が控えているのだ。

しかし、コンカカフに関しては、アメリカはまだトップに君臨している。2010年、ワールドカップ予選準決勝でメキシコに敗れて以来、コンカカフ・ワールドカップとオリンピック予選の試合では、約12年間ゴールを許していないのである。世界のエリートであるアメリカの地位に真に挑戦するための大きな試練は、今後2年間かけて徐々にやってくるだろう。しかし、ランキング1位のアメリカは、そのような大会での居場所を確保し、それが今回のメキシコ遠征のすべてである。

「説得力がないように見えても、第1戦から最後まで、改善された部分があったと思う」とアンドノフスキーは話しています。「自分たちがやっていることに自信を持てるようになった。」

Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!