ガブリエル・ジェズス、他クラブではなくアーセナルへの入団を決断した理由を説明

ガブリエル・ジェズス、他クラブではなくアーセナルへの入団を決断した理由を説明

ガブリエル・ジェズスは、アーセナルの監督であるエドゥとの会話が、他の候補者よりもガナーズへの加入を説得するのに役立ったと認めている。

この25歳の選手はレアル・マドリードがターゲットにしていると言われており、彼の代理人は最近、チェルシーが彼の移籍を乗っ取ろうとしたと主張したが、結局ジェズスはマンチェスター・シティから4500万ポンドの取引でアーセナルに加入することを選択した。

来シーズンはチャンピオンズリーグを戦うことができないのに、なぜガナーズへの移籍を選んだのかと聞かれたジェズスは、クラブのプロジェクトを完璧に売り込んでくれたエドゥを高く評価している。

「エドゥが僕のところに来て、僕がどうなのか、人としてどうなのか、そしてサッカー選手として、これからどうなりたいのかを聞いてくれた。僕とエドゥの会話は素晴らしかったと思います。クラブのプロジェクトにとても満足していたし、すぐに、イエス、僕の道はロンドンにあると思う、と答えた」とジェズスはスカイスポーツに語った。

「僕はここで主役に。僕はサッカーをしたいし、サッカーを楽しみたい、それが僕の好きなことなんだ。僕はみんなを助け、一緒に学ぶために来たんだ。ここには素晴らしい選手もいるし、みんなが一緒に勝ちたいと思っているクラブに入るために来たんだ。」

ジェズスのアーセナル移籍は、同じブラジル人選手であるリシャルリソンがノースロンドンの反対側に移籍し、6000万ポンドでトッテナムに加入した直後だった。

国際的なチームメイトは現在、国内のライバルとなっているが、ジェズスはリシャルリソンの来シーズンの活躍を願っていると主張した。

「シーズン終了時には、2人でゴールデンブーツを争えるようにしたいね」と語った。「彼はとてもいいやつだし、素晴らしい選手だ。彼がベストを尽くすことを願うよ、ただ僕らとは対戦しないけどね!」

Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!