野球の究極のユーティリティプレイヤー

野球の究極のユーティリティプレイヤー

ジミー・ダイクス

1918年から1939年の21年間、フィラデルフィア・アスレチックスとシカゴ・ホワイトソックスでプレーしたジミー・ダイクスは、1921年に二塁手、1933年と1936年にシカゴで三塁手の3シーズンだけ一つのポジションを経験した。それ以外のシーズンは究極のユーティリティ・プレーヤーとして活躍し、キャリア通算打率.280を記録した。1921年、彼は二塁手としてエラーとアシストでALをリードし、翌年は三塁手として同じことをした。

1927年、ダイクスはコニー・マックのベンチ入りした。6月のある朝、マックは彼に一塁手をやったことがあるか尋ねた。「一塁手のグローブなんて見たこともない」とダイクスは言った。練習でやってみろ」とマックは言った。その日の午後、ダイクスは一塁手としてラインアップに加わった。82試合に出場し、1試合はトリプルプレーを達成、キャッチャー以外のポジションもこなし、2度の登板で遡及セーブを記録した。そして、324安打を記録した。

バーニー・フリーバーグ

1925年8月24日、フィラデルフィア・フィリーズの本拠地、ベイカーボウルでの典型的な一日であった。ダブルヘッダーの第1試合、7位のフィリーズは5回を終えた時点で、その年の平均をわずかに下回る5点を取っていた。しかし、カージナルスは3回を除くすべての回で得点し、3人の投手を起用して12対5とリードしていた(フィリーズはNLで得点数3位だが、失点はいずれのリーグでも最多)。

6月15日にカブスから7,500ドルで買い取ったフィリーズの二塁手バーニー・フリーバーグは、自らマウンドを引き継ぐことを志願してきた。監督のアート・フレッチャーの同意も得た。レイ・ブレード.342、ロジャース・ホーンズビー.403、ジム・ボトムリー.367といった打線を相手に、フリューバーグはストレートの速球とディンキーカーブを頼りに、9回に2点を失うまでの3イニングをシャットアウトしたのである。1三振、3四球、4安打の成績であった。

Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!