グッドフィールド – ナッツ・ノーヒット?

グッドフィールド – ナッツ・ノーヒット?

フェイバーは歩かせたくないので、ストライクを投げ、コブは一塁に向かってバントをした。彼はピッチャーを引き寄せてフィールドに出し、仕事をさせるつもりだったのだ。しかし、フェイバーはよく分かっていた。彼は動かなかった。一塁手はボールを捕球しなければならなかったので、コブはセーフとなった。しかし、彼には仕返しをする相手がいなかった。もし、母親が一塁にいたら、切り刻んでいただろう。

隠し球のトリックの記録は、たぶん私が一番持っている。年に2、3回、30数回しかやらなかったが、誰よりも多い。

私はボールをグローブの中に隠していたわけではありません。ピッチャーのところに行って、「ラバーの上に乗るな、ボークになるぞ」と言って、脇の下に素早くボールを流し込んで、グローブを手のひらでくるくる回しながらサードまで歩いて戻るんです。ピッチャーが少し失速したら、ランナーがベースから2、3歩離れるまで見て、それからタグを付けるんだ。

あるとき、ジョージ・モリアーティが審判を務めていたんです。もし私がチームの監督で、走者にこのようなことがあったら、監督に500ドルの罰金を科すだろう」と言われたんです。

さて、数年後、モリアーティはデトロイトの監督になり、サードのコーチをしていた。ある日、私はチャンスだと思い、彼の選手の一人に仕掛けをした。審判がランナーをアウトにすると、私はジョージに向かって、”今度は誰に500ドルの罰金を科すんだ、ジョージ?”と言ったんだ。

私はあるトリプルプレーに参加した。私が始めたのではありません。私が仕留めたんだ。クリーブランドとの対戦でした。ノーアウト2、3塁の場面だった。私は、ボールが内野をクリアするまで動くなとコーチが2人に言っているのを聞いた。ボールはショートに当たり、ショートはランナーを1塁に投げ捨てた。ジョニー・ホダップは2塁から飛び出して3塁まで行ったが、チャーリー・ジェイミーソンはまだ3塁にいた。私はボールを取って、ジェイミソンを1塁、ホダップを2塁にタグ付けした。審判は、どちらがアウトになったとも言わずに「アウトだ」と言った。選手とコーチが罵り合っている間に、ジェイミソンが塁を飛び出していった。私は彼とバッグの間に入り、「どうだ、ジェイミー」と言いながら、彼にボールをぶつけた。もちろん、もともとアウトになっていたのはホダップの方だった。三塁ベースはジェイミソンが持っていた。

Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!