ミケル・アルテタ、アーセン・ベンゲルとほぼ同じスピードでプレミアリーグ50勝を達成

Mikel Arteta reaches 50 Premier League wins almost as fast as Arsene Wenger

ミケル・アルテタは、アーセナルが金曜夜のプレミアリーグ開幕戦でクリスタル・パレスを下した際、監督としてプレミアリーグ50勝目を記録し、トップリーグの半世紀勝利に到達したガナーズの指揮官としては2番目に早い記録となった。

アルテタがここまで到達したのはリーグ戦98試合、アーセナルの象徴であるベンゲルが94試合でリーグ戦50勝を達成したのに比べれば、わずかに早い。

これは、アルテタがアーセナルのためにしてきた仕事、そしてこれからもし続ける仕事を雄弁に物語っている。前任のウナイ・エメリ監督は、引退するヴェンゲル監督から困難な状況を引き継いだが、このスペイン人監督には、物事を根底から覆して再出発させるという任務が課せられていた。

ヴェンゲルは、1996年秋に初めてノースロンドンにやってきたときと同じようなシナリオに直面し、すぐにピッチ上だけでなく様々な面でクラブに革命を起こした。そして2年後には、プレミアリーグとFAカップのダブル制覇を成し遂げたのである。

マンチェスター・シティとリヴァプールのクオリティの高さを考えると、アルテタがこのようなことを成し遂げるのはかなり難しいが、ヴェンゲル監督と比較した彼の記録は、彼のチームが正しい方向に向かっていることを示す明確な指標となる。

また、2019年12月のアルテタの初戦以降、実際に彼のプレミアリーグ50試合以上の勝利を収めているのは、ペップ・グアルディオラ(70)とユルゲン・クロップ(64)だけであることも特筆すべき点だろう。

1年ごとの進歩については、ブレントフォードに敗れ、1950年代以来最悪のシーズンスタートを切った昨年の今頃と比べれば、アーセナルはすでに良い状態にある。

1年分の経験を積み、監督の哲学を理解し、より良い準備をしたアルテタのアーセナルは、クリスタル・パレス戦で、10年から15年の間(ヴェンゲル監督時代以降も)常にあったわけではない回復力を発揮した。特に、後半にホームチームがプレッシャーをかけ、セルハースト・パークの観衆の声が大きくなったとき、それは顕著だった。

40歳のアルテタはまだ若い監督であり、このプロジェクトはまだ始まったばかりだという思いがある。

 

Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!