ダーウィン・ヌニェス選手の退場により、ヨアヒム・アンデルセン氏に殺害予告が届く。

ダーウィン・ヌニェス選手の退場により、ヨアヒム・アンデルセン氏に殺害予告が届く。

ヨアヒム・アンデルセンとその家族は、ダーウィン・ヌニェスが退場させられた事件に巻き込まれたとして、殺害予告を受け取っている。

クリスタル・パレスのDFは、アンフィールドで行われた月曜夜の試合で、リヴァプールのストライカー、ヌニェスをマークしていた。57分、二人はピッチ上でもみ合いになり、ヌニェスはアンデルセンに頭突きを食らわせた。

ヌニェスにはレッドカードが出された。リバプールはこの時点で1-0とリードされていたが、ルイス・ディアスのゴールで1-1の引き分けに持ち込んだ。

アンデルセンは今回、自身と家族に向けられた脅迫を含む、ソーシャルメディア上のメッセージのスクリーンショットを次々と公開した。

また、ソーシャルメディア会社とプレミアリーグに対応を求めている。

プレミアリーグは、アンデルセン選手への支援を申し出るため、パレスに話をすることが分かっている。また、同リーグにはオンライン上の虐待報告システムもある。

デンマーク代表は月曜日の夜、ヌニェスがなぜそのような反応をしたのかについて話した。

アンデルセンは『Viaplay』にこう語っている。「試合中、僕は彼の近くに座り、何度も彼を困らせたし、彼に対してはうまくやった。だから、彼は僕に少し腹を立てたんだと思う。」

「あの場面では、1本目、クロスの時に頭突きをされたので、そんなことしちゃダメだと言ったんだ。」

「私は彼に腹を立てました。その後、彼はまた同じことをやって、私にとっては本当に愚かなことだ。明らかなレッドカードだ。」

Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!