アンパイアへの投球-ロボットができるまで

アンパイアへの投球-ロボットができるまで

ストライクゾーンの重要性

もし、ホームアンパイアのボールとストライクの判定がロボットに取って代わられたら、メジャーリーグ野球のあまり知られていないもう一つの側面が消えてしまう。野球のルールブックで最も敬遠されてきたのは、おそらくストライクゾーンについて書かれた部分だろう。審判は常にそれを否定してきたが、どの審判も独自のバージョン、バリエーション、癖、長所、短所を持っていることは、野球関係者なら誰でも知っている。投手や打者が誰であるかによって変わることもあった。結局のところ、審判の信条はこうだ。私がコールするまで、それは何でもない」。

オールスターに8回出場したデトロイト・タイガースの捕手ビル・フリーハンは、「100年前から行われていることだが、審判は100年前から否定してきた」と語っている。

投手はそれを知っている。捕手はそれを知っている。打者は危険を冒してそれを無視する。平均的なファンは、プレートの後ろで一球ごとに行われているゲームの中のゲームに気づいていないのです。1990年代、私は何人かのベテラン捕手に、彼らが言うところの “アンパイアへの投球 “の戦略について聞いてみたことがあります。

ランス・パリッシュ(1977~1995年)

投手は打者と同じように審判に向かって投球し、ストライクがコールされるゾーンに留まろうとします。ストライクゾーンは人によって少しずつ違うから、できるだけ早くその底に入るようにするんだ。低いストライクやコーナーを突いてくるようなら、それに合わせてゲームを組み立てます。多くの審判は低いストライクを与えず、ストライクゾーンにボールを持ち込むように強要します。ピッチャーが低めのストライクを好むとしたら、問題です。

私は、コーナーよりも、アンパイアが高いか低いかを見逃すことのほうを心配しています。低めの球に合わせられるほど低く構えることはありえないのです。しかし、私にとってコーナーは譲れないものです。もし、審判がストライクゾーンを変動させるのであれば、少し高くしたり低くしたりする必要があります。何年も前から気づいていたのですが、審判が内側で肩越しに見ていると、彼らが構えている場所からアウェー側の球をより多く見逃してしまうようなのです。  外側に構えると、角度の関係で内側の球を見逃す傾向があります。私の真後ろで構えるのがいいと思います。その方が両コーナーがよく見えると思うからです。

バッターとしては、コーナーよりも上下でミスをする審判を見たいですね。バッターは内外の球種をかなり見極めている。疑問のあるコールのほとんどはそこに来るんだ。

ジェフ・トーボーグ(1964~1973年)

私たちは正確な科学ではなく、主観的な判断を扱っているのです。ドン・ドライスデールやサンディ・クーファックスは、ストライクを投げていたからこそ、プレートから1センチも離れていないところでストライクコールを受けていたのです。野生の新人投手が、同じ試合で同じ場所に同じ球を投げても、ストライク判定を受けることはないでしょう。ノーラン・ライアンは、彼が若くてワイルドだった頃には決して受けなかったような危ういコールを今日受けるでしょう。しかし、コウファックスやドライスデールでさえ、数回後、あるいは別の日、あるいはストライクゾーンを熟知した優れた打者がいる場合、同じ球種でコールを得られないことがあるのです。審判は、この球を見逃すならボールに違いないと判断するのです。

テリー・スタインバック(1986~1999年)

若かろうが老かろうが、プレートの周りにいる投手はより多くのストライクコールを得ることができます。ダートに3球投げたあと、ボーダーラインの低い球を投げても、そのコールは期待できないでしょう。しかし、膝のところに2球、膝のすぐ下に2球投げれば、その大半はストライクとコールされる可能性が高くなります。

コーナーも同じです。時速92マイルの球を投げるとき、プレートから0.5インチ離れるか離れないかの違いが分かりますか?私はできません。審判にも期待できません。しかし、私の投手が常にプレートの外側にいれば、より良いチャンスが生まれます。ピッチャーがプレートの外側で投球することに慣れるので、ダートで3球見てからその球を見るよりも、よりよい判定ができる可能性があるのです。捕手としては、あの状況であの球が来るとは思っていない。

何年もストライクを投げている投手は、惜しいコールをもらう評価を得ることができる。しかし、それでも彼はその日、プレートの周りにいなければ、それを手に入れることはできない。たとえデニス・エカーズリーが登場して、3球をダートに投げてから、そのボーダーラインの球を投げても、それを手に入れることはできないのです。

もう一つの要因は、キャッチャーのシフトです。外側に構えて、ピッチャーが内側に投げたら、たとえそれがストライクであっても、その判定を受けることはまずないでしょう。それがコントロールの考え方の一部です。アンパイアもそれを見ているんだ。

マット・ノークス(1985~1995年)

投球の予測可能性が、ボーダーラインの判定を得るための鍵になります。ピッチャーが安定していれば、アンパイアはどこを見ればいいのかがわかる。しかし、もしキャッチャーがプレートのあちこちをジャマして、審判がどこに何が来るかわからないとしたら、審判はそのような惜しい球に集中することが難しくなり、その球を捕ることができなくなります。ピッチャーがキャッチャーが構えたところにコンスタントに投げていれば、そんなに細かいことを言う必要はないんです。しかし、キャッチャーが内角に構えて外角に投球した場合、たとえそれがストライクであってもその判定を受けることはないでしょう。たとえ外角の球であっても、捕手の狙いを大きく外れているのだから、ボールと判定されるでしょう。そういうものなのです。もし、キャッチャーが内側に構えて、審判が外角を越えていたら、審判は予想外の角度でそれを見ているので、ストライクとは言いません。審判はホームプレートの上に吊り下げられているわけではないことを忘れないでください。

ホームでテレビを見ている人の方が審判より良い角度で見ていると思う人もいますが、ピッチャーが邪魔になるので、決して真正面から見ているわけではありません。しかし、ピッチャーが邪魔になるので、真正面からではなく、オフセットした角度で見ることになり、コーナーに近い球なのか、ほんの少しずれている球なのかが分からない。ラジオのアナウンサーもテレビのアナウンサーも、同じように欠陥のあるリプレーに頼って、球種を判定しているのです。

ボブ・メルビン(1985年~1994年)

デニス・エカーズリーは、ストライクを投げ、プレートの外側を支配することを確立しているので、時にはフルボールがプレートから外れることがあります。もし捕手がそこに陣取れば、彼はホームプレートを少し外側にずらしたことになります。同時に、もしエックがその状況で内角に投げ、キャッチャーが手を伸ばして取り返すようなことがあれば、プレートを外側にずらしているのだから、コーナーに当たってもボールと判定されるでしょう。

フェルナンド・バレンズエラも、外角からストライクを取った人です。でも、普通はしばらく続けないと、そんなことはできないんですよ。

ジェノ・ペトラリ(1982~1993年)

ストライクゾーンは投手に影響されます。高いストライクで生計を立ててきたノーラン・ライアンやリック・サトクリフは、同じ場所で同じ球を同じ審判で投げる新人が取れないようなストライクを取ることができる。

ダレル・ポーター(1971年~1987年)

理論的には、審判はボールを審判しているのであって、投手を審判しているのではありません。しかし、試合中ずっと同じ場所を打ち続けている安定した投手にはその球が当たりますが、あちこちに出没してたまにその場所を打つような投手には、同じ球をストライクとは言ってもらえないことは保証しますよ。それは間違いない。

ホアキン・アンドゥハーがコントロールが良くなかったと考える人もいる。しかし、あの男はシャープだった。彼は一貫して自分の望むところにボールを置き、そうやって多くの球を手に入れた。

ビル・フリーハン(1961~1976年)

どの試合でも、審判のストライクゾーンの見方は、その日の投手の成功に大きく影響する。コントロール投手が最も恩恵を受ける。ミッキー・ロリッチもそうだったし、今のフランク・タナナもそうだ。試合開始早々、審判が彼に惜しい球を投げるのを見れば、タナナ投手は手強いぞと思う。

1967年のオールスターゲームでは、ホームプレート審判のエド・ランジが一晩中、プレートから数インチ離れた外角球を投げていました。だから、私は一晩中、外側に座っていたんです。[この試合では、15イニングで30個の三振を奪ったという記録がある。アメリカン・リーグの5人の投手は、一人の打者も歩かせていない]。

審判に影響を与えるのは投手だけではありません。ストライクゾーンが狭くなる打者もいる。特に新人の投手と対戦した場合はそうだった。

捕手は、試合中に審判のストライクゾーンを素早く把握すればするほど、チームの打者にとっても助けになるのです。捕手はまず、その日の審判のストライクゾーンが広いか狭いかを見極める必要がある。ストライクゾーンが広ければ、ピッチャーに「そんなに細かくしなくていいよ」と言えるし、バッターにも「ハミ出しなさい」と注意しなければならない。ストライクゾーンが狭ければ、打者はあまり積極的にいかない。

 

Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!