EKOアクロポリス・ラリーギリシャのイベントレポート

EKOアクロポリス・ラリーギリシャのイベントレポート

EKOアクロポリス・ラリーギリシャが終了し、2022年WRC第10戦が終了しました。

チャンピオンシップ・ランダウン

Kalle Rovanperäは、EKO Acropolis Rally Greeceで4ポイントを獲得するにとどまった。3日目にサスペンションにダメージを受け、トップ10フィニッシュの可能性はなくなった。オット・タナックは総合2位となり、フルパワーステージポイントを獲得した。ロバンペラとの差はさらに縮まった。また、タナックは選手権争いに復帰した。テナックはこれでロバンペラとの差を53ポイントとし、今月末のレプコ・ラリーニュージーランドに臨む。ティエリー・ヌービルは今季初優勝で総合3位に返り咲いた。現在、15ポイント差でエルフィン・エヴァンスを追っている。勝田貴元は23点差でクレイグ・ブリーンをリードし、総合5位をキープしている。

EKOアクロポリス・ラリーギリシャ終了後のチャンピオンシップポイント

Rovanperä 207
タナク 154
ヌービル 131
エバンス 116
勝田 100

Mスポーツ・フォード・ワールドラリー・チーム

Mスポーツ・フォードWRTは、ここ数回のラリーに比べれば良い週末だった。2人のドライバーがトップ5に入り、ラリーを終えました。Mスポーツのドライバーが5位以内に入ったのは、ラリー・イタリア以来です。ブリーンが2位、ルベが4位でフィニッシュした。M-Sportはこの週末にメッセージを送る必要があり、それを実行した。2日目も上位2位をキープしたまま終了。運が良ければ総合優勝も可能だった。しかし、ローブがSS8でリタイア、ルベもSS9でパンクしてしまう。ローブはオルタネーターのトラブルでリタイアしていなければ、このラリーで優勝していた可能性が高い。この週末は、M-Sportがまだ戦えることを示している。ただ、運も必要だ。

ヒュンダイ・シェル・モービス・ワールド・ラリーチーム

ヒュンダイはこれ以上ない結果を出した。チーム史上初の表彰台独占を達成した。ローブがリタイアし、ルベがタイムを失ったため、ティエリー・ヌービルがSS9でラリートップを継承。その後、ヌーヴィルは一度もトップを譲ることなく走り続けた。2位にはオット・テーナクが入り、ヌーヴィルから15秒差でラリーを終えた。3位にはD・ソルドが入り、ヌーヴィルから2分近い差をつけて表彰台を独占した。この勝利で、ヒュンダイはマニュファクチャラーズ選手権でトヨタに63ポイント差となった。この結果、ヒュンダイはマニュファクチャラーズ選手権でトヨタに63ポイント差をつけた。

トヨタ・ガズー・レーシング・ワールド・ラリーチーム

EKO Acropolis Rally Greece Toyota

EKOアクロポリス・ラリーギリシャに向け、トヨタは手の施しようがないように見えた。ドライバーズ選手権とマニュファクチャラーズ選手権を圧倒的な差でリードしているのだ。しかし、トヨタにとっては残念なことに、物事があまりにもうまくいきすぎていて、ラリーはそんなに単純なものではありません。このスポーツでは、何も与えられないし、すべてを獲得する必要がある。このスポーツでは、何も与えられないし、すべてを獲得しなければならない。トヨタはこれで3連敗となり、マニュファクチャラーズ選手権でのリードがあっという間になくなりそうになった。トヨタは今月末のニュージーランド大会でゲームを向上させなければならない。そうでなければ、今年のチャンピオンシップは1つも獲得できないかもしれない。

EKOアクロポリス・ラリー ギリシャ・バイト

EKO Acropolis Rally Greece Featured

初日と2日目は、大きな事故やリタイアもなく終了した。しかし、3日目は一変する。わずか1時間の間に、セバスチャン・ローブがトップからリタイア。カレ・ロバンペラ(Kalle Rovanperä)は表彰台争いから脱落。さらにピエール・ルイ・ルベがパンクに見舞われ、表彰台争いから脱落する。その後、グリーンスミスがマシントラブルで一時的にリタイア。ラッピは燃料不良と思われる症状でリタイアとなった。4日目もSS13手前でエルフィン・エバンスがターボトラブルでリタイア。幸いなことに、エバンスはWRC1カテゴリーでの最後の犠牲者となった。

Source link

海外スポーツカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!